当院の診療方針~よりよい歯科治療のための3つのポイント~

越谷市の歯医者「西脇歯科医院」では、治療にあたって次の3つのポイントに重点を置くことで、患者様によりよい歯科治療をご提供すよう心がけています。

どのような治療でも「咬み合わせ」を重視しています

具体的には上の歯と下の歯のあたる場所を重要視しています。普通にカチカチと咬み合わせたときと、咬んだ状態からギリギリと動かしてもらった時の接触する部位がほとんどなのです。詰め物や被せ物を入れた後の違和感などは調整でほとんど解消します。
もちろん全体的なところも見ますが、歯並びは個人差がかなり大きいので個人に合った調整をしなければなりません。

歯科治療では、咬み合わせが変わってしまうことが十分考えられるため、より適切な咬み合わせになるような配慮が重要です。当院では、あらゆる治療場面において、咬み合わせをもっとも重視した処置を行っています。

身体への負担を最小限に抑えた治療を行います

歯科治療では、病気に冒された歯質や歯周組織を取り除くことが主な処置となります。これらは病気が進行し、重度になればなるほど除去する割合が増え、それに伴い痛みが大きくなります。「痛い」という感覚は患者様にとって大きな負担であり、通院のハードルを上げる部分です。そこで当院では、治療時の痛みをなるべく感じさせない「無痛治療」の取り組みを積極的に行っています。

患者様との信頼関係を第一に考えた診療を行います

歯科治療時の不安の一つには、自分では見ることができないお口の中を他人に委ねることが挙げられます。「何をされているのかわからない」「説明がないままに治療を進められる」――たとえばこんな歯科治療であれば、不安や不満がつのり、歯科医師や治療への信頼が揺らいでしまうのも当然です。

当院の診療で常に念頭に置いていることは、患者様の訴えている症状(痛み・つらさ)や、治療へのご希望にしっかり耳を傾け、それらを掘り下げて治療に反映すること。最善の歯科治療とは、患者様との信頼関係を築くことからはじまり、患者様自身が積極的に治療に臨んでいただくことで実現すると考えています。専門家としてのアドバイスはもちろん行いますが、こちらから意見を押しつけるようなことはいたしません。初診時だけでなく、治療期間中も常に「気になることがあれば聞ける」雰囲気作りを心がけ、どのようなことでも丁寧にお答えしています。

院長のインタビューはこちらからご覧いただけます。

  • ページトップへ戻る